児童発達支援事業所 にじのいえ

「にじのいえ」は、社会福祉法人わかばが新たに開設する児童発達支援事業所(令和4年10月1日開設)です。

 

にじのいえは0歳~就学前を対象とした、発達の個性のために生活のしにくさがある地域のこども達とその家族のための通所施設です。姉妹園の「そらのいえ保育園」と同じように、モンテッソーリ教育を柱に環境を整え、全てのこども達が持っている「ひとりでやってみたい」「できるようになりたい」という願いを出発点に療育を行います。こども達ひとり一人が、楽しみながら、じっくりと心と体を働かせ様々なことに取り組み、生き生きと自信をもって育っていけるようにサポートします。

 

療育プログラム

小集団グループ(月曜日~金曜日 午前中)

対象:おおよそ3歳~就学前 定員:6名~10名

 

 小集団グループでは、ひとり一人の自主活動を大切にしながら、お友達やスタッフとの自然なかかわりの中で、ヘルプの求め方等のコミュニケーションスキルやソーシャルスキルを身につけられるように丁寧にサポートしていきます。グループ活動の時間には音楽や運動等も取り入れ、様々な経験ができるようにプログラムを組んでいきます。

親子グループ(火曜日・木曜日 午後)

対象:0歳~おおよそ3歳 定員:2~3組

 

親子で通所し、スキンシップ遊びややり取り遊びなど、かかわり遊びを行います。保護者の方との振り返りの時間も大切にし、お子様への理解を深め、子育てで親子の笑顔が増えるようサポートします。他の参加者の方との情報交換やコミュニケートの場づくりにも力を入れ、抱え込まない子育てをサポートします。

個別療育

対象:0歳~就学前

 

お子様の発達段階、生育環境などのアセスメントに基づき、ひとり一人の課題に応じたプログラムを一対一で行います。必要に応じて心理士による発達検査なども実施します。

※原則として、小集団グループまたは親子グループに通われている方を対象とします。詳細はお問合せください。